Z会を楽しむ会員親子のブログ

会員が書く生の口コミ!Z会幼児・小学生コースの活用体験談、教材内容、勉強日記、こどもちゃれんじとの比較。

「ぺあぜっと」取り組みの様子

褒め過ぎることの弊害と、でんでんうちわ

投稿日:

夏と言えば、色々な所でもらう「うちわ」。
余った物があれば工作グッズに早変わり。 IMG_6046
うちわの骨が出ている部分のなぞりがきが難しかった模様。
点を書いて、うちわを離してからフリーハンドで繋げる。 切り取って、好きな顔を書く。
「自由に好きな顔を書いて」と言っても、長女は見本とあまり変わらない物を書く。
それは、他の工作でも当てはまる。

li11h

違ったものを書いてやる!という挑戦心が起こらないようだ。
いきなり自分の好きにすることに自信がないのだろうか?
単純に、見本を見てしまうとそこから外れることが嫌なのか?
(見本が無い場合は、自由にのびのびと描く)

年長の春頃からマシにはなってきたけれども、長女は昔から、失敗や出来ないことを恐れる傾向があった。
それは、多分、長女が生まれてから3歳までの間、私と主人がさじ加減を考えずに褒めていた弊害だろう。

日に日に成長し新しく出来ることが増えていく長女のことを単純にすごいと思い、素直に表現し過ぎていた。
1,2歳の幼子でも、すごいすごいと褒め称えられる雰囲気は肌で感じるだろうし、3歳頃に「出来ない」の意味が分かった時、
出来ないと褒めてもらえない=嫌だ。または、普段すごい私が出来ないのは恥ずかしい(認めたくない)。 という負の感情が芽生えたんだと思う。

一方、次女は、新しいことが出来るようになっても、
「あ~…。ま、当たり前だし」と、長女の体験で乳幼児の発達の段階が分かっているので、出来るようになったのは嬉しいが、いちいち感動しない。
次女には悪いけれど、それほど褒められずに育っている。
そんな次女は、独自の性格の負けん気もあり、失敗を恐れず何でもチャレンジする。
(常に手本となる姉がいるので模倣できるとも言えます)

li11h
でんでんする腕の部分はアルミホイル。
正方形に切って用意するのは子どもがする手順に入っていないけど、主人は娘にさせていた。
腕になる毛糸の長さも自分で測らせて切っていた。IMG_6049
のりも、綺麗に伸ばせるようになった。
昔は、大量に取り過ぎて紙がぶよんぶよんになったり、少ないから何度も何度もつけて時間がかかり過ぎもあった。 成長を感じました。IMG_6050

【ねらい】
表現・身体活動。
毎日を楽しく過ごすために工夫をする力を養う
(2015年7月ぺあぜっと)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015

今なら幼児コースは「学習グッズ」、小学生コースは「新学年おうえん!国語 算数チェックテスト」がついてくる!

おすすめ記事

1

私の他ブログの記事と重複してしまう部分もありますが、本ブログを始めるに至って重要な内容なのでアップします。 (⇒元記事はこちら) Z会幼児コースをお勧めする理由が4点あります。 目次1 先取りよりも「 ...

2

Z会幼児コース(年長)を始めて7か月が過ぎた。入会当時からの変化や成長を振り返り、まとめます。 目次1 毎日の学習習慣がついた2 様々なことに興味を持てる3 話し言葉が増えて論理的に4 まとめ 毎日の ...

3

前回記事(Z会年少コースが簡単で飛び級受講するなら、その前に気をつけたいこと)の続きです。 前回のあらすじ:Z会年少コースのお試し教材が簡単だったので、Z会へ電話をして一学年上の年中コース教材を取り寄 ...

-「ぺあぜっと」取り組みの様子
-, ,

Copyright© Z会を楽しむ会員親子のブログ , 2020 AllRights Reserved.