Z会を楽しむ会員親子のブログ

会員が書く生の口コミ!Z会幼児・小学生コースの活用体験談、教材内容、勉強日記、こどもちゃれんじとの比較。

おすすめの本

Z会おすすめの本(年長/2015年10・11月)

投稿日:2015年11月26日 更新日:

IMG_7901久々に「Z会おすすめの本」を借りてきた。

ここしばらくは長女の好みで買った本をよく読んでいたので、Z会おすすめの本まで気が回らなかった。
(画像クリックでAmazonへ飛びます)
長女の好きな本の一例↓

長女「この本のネアンデルタール人はおじいさんだから嫌だなぁ」

li11m

「おすすめの本」は、毎月15冊前後の本が紹介される。
その月のぺあぜっとの課題やテーマに沿った内容、理解を深められる絵本が載る。

今回は、10月号と11月号の紹介から一部を借りてきた。

わたしおてつだいねこ
竹下文子 作/ 鈴木まもる 絵/ 金の星社

手に取って、まず驚いた。
形態が、絵本のような薄っぺらく大きい物ではなく、厚みがあって小さい。
児童書?「幼年童話」というのかな?
例えると「エルマーのぼうけん」に近い形態。
文字が多く、挿絵も多い。
挿絵もほとんどが、カラーではなく黒色。
(見開きのカラー挿絵もたまに入る)
「おねえさん絵本」だね~、と長女と話した。

いざ、おねえさん絵本。
朗読したら、なんと20分かかった!!
私にとっても初めての経験(笑)

子どもたちは、イラストのねこさんが可愛いことと、お話に引き込まれて飽きることなく最後まで楽しんだ。
朗読する方も、抑揚がつけやすくて。
軽快に読み進める部分、行間を長く取ってしんみりする部分…。
長いと思ったけど、読み始めると一気に読めちゃう。
最後はほっこりして笑顔になれるお話。

続編が2冊出ているので、早速予約した。
1冊はクリスマスバージョンなので時期も合うし、楽しみだ。

絵本というよりは、ルポルタージュのようで大人も興味深かった。
原料の採掘から1本の鉛筆が完成するまでの過程を追っていく。
従事する労働者の収入や生活を知り、家族にまで会える。

長女は、おてつだいねこより、こちらの本の方が反応があった。
写真が多く、現地の生活が垣間見える。
日本への航海中の乗組員の食事メニュー(メキシコ料理)にも興味深々だった。
地球儀や日本地図を見ながら色々話した。
読み終わるまで時間がかかった。

(長女は、途上国の生活様式や伝統的な暮らしをを見るのが好きで、国立民族学博物館でもイキイキとしていた。
みんぱくを訪れた際の記事⇒幼児と、みんぱく。「国」を知ったら国立民族学博物館へ。世界の様々な文化に触れる

図書館は好きでよく行くけれど、自分達だけでは見つけられない本を教えてもらえるので、ありがたい。
我が家にとって、今回は特に絵本以外の本(幼年童話・フィクション)との出会いが嬉しかった。

Z会の「ぺあぜっとiのおすすめ本」、おすすめです。

保護者用冊子「ぺあぜっとi」とは?

詳細はこちら⇒毎月届く教材をご紹介「ぺあぜっとi」

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015

今なら幼児コースは「学習グッズ」、小学生コースは「新学年おうえん!国語 算数チェックテスト」がついてくる!

おすすめ記事

1

私の他ブログの記事と重複してしまう部分もありますが、本ブログを始めるに至って重要な内容なのでアップします。 (⇒元記事はこちら) Z会幼児コースをお勧めする理由が4点あります。 目次1 先取りよりも「 ...

2

Z会幼児コース(年長)を始めて7か月が過ぎた。入会当時からの変化や成長を振り返り、まとめます。 目次1 毎日の学習習慣がついた2 様々なことに興味を持てる3 話し言葉が増えて論理的に4 まとめ 毎日の ...

3

前回記事(Z会年少コースが簡単で飛び級受講するなら、その前に気をつけたいこと)の続きです。 前回のあらすじ:Z会年少コースのお試し教材が簡単だったので、Z会へ電話をして一学年上の年中コース教材を取り寄 ...

-おすすめの本
-,

Copyright© Z会を楽しむ会員親子のブログ , 2020 AllRights Reserved.